Sample Company

バレル研磨とは

バレル研磨加工とは
バレル研磨とは、バレル(容器、槽)の中に工作物、メディア(研磨石)、水およびコンパウンド(研磨を助ける洗剤のようなもの)を装入し、バレル、工作物もしくはメディアに運動を与えることにより、工作物とメディアの間に相対運動を生じさせて、その摩擦作用により加工する方法であり、多くの方式が考えられています。

バレル研磨の長所
バ大量の工作物を同時に均一に仕上げることができます。 粗仕上げから光沢仕上げまでの広範囲の研磨が可能です。 比較的高度な加工が簡単な装置で行え、コストメリットもあります。

バレル研磨の短所
最適な研磨条件の選定が困難。選択的な加工は困難。
不適切な条件で研磨をすると、工作物のすべてが不良品になります。

バレル加工以外について可能なこと
「バフ研磨」という同じ研磨業界でありながら、用いられる材料や方法によって随分と意味が変わる用語の一つです。
バフ研磨は通常、仕上げ研磨のことで、他の工程の研磨との大きな違いは削ると言うよりは、磨いてツヤを出す作業に近いです。
研磨材はフェルトや軟らかい布、ポリッシングパッド、フラップバフなどの布製の研磨製品を使って磨きこむ工程です。ステンレスでは青棒(クロムをベースにした研磨材)白棒(アルミナベースの研磨材)を回転させた布バフに軽くあてて溶かし、ステンレス表面に練り込むように磨いていく工程となります。